ミニマリストの気楽なホテル紹介

このブログは、実際に宿泊したホテルやプランを紹介します。

【京都河原町ホテル紹介】『ホテルメルディア四条河原町』~お勧め度★★★★☆~

 みなさま、こんにちは。

 本日は、上賀茂神社下鴨神社を参拝しようと思い、京都市のホテルに宿泊しました。

 最後までご一読よろしくお願いします。

ホテル所在地等

f:id:vTUNA:20201209193647j:plain

阪急線「京都河原町」駅から徒歩4分

住所:〒600‐8023

   京都府京都市下京区河原町松原上がる

   2丁目富永町354‐2

電話:(075)353‐5022

チェックイン:15:00~25:00

チェックアウト:11:00

プラン:【祝☆1周年】ホテルメルディア体験プラン

価格:3,400円(税込)

f:id:vTUNA:20201209193719j:plain

入り口横にはカフェが併設

f:id:vTUNA:20201209193537j:plain

阪急 京都線 終点「京都河原町駅」周辺

 阪急線「京都河原町」駅は、繁華街です。ディナーやランチの心配はなく、ホテル周辺にコンビニや、薬局もあります。

部屋紹介

f:id:vTUNA:20201209193734j:plain

入口すぐにタブレット

 カードキーで開錠して、まず目に入ったものは、ホテルのことや周辺の地図等を紹介してくれるタブレットです。部屋のテレビで紹介してくれるホテルもありますが、こちらのホテルはタブレットで紹介してくれます。

f:id:vTUNA:20201209193746j:plain

座り心地がよさそうな椅子とテレビ

f:id:vTUNA:20201209193800j:plain

新次元マットレスパッド「エアウィーヴ四季布団」

 こちらのホテルの最大の特徴の、布団です。ホテルと言えばベッドのイメージなのですが、14平米の広さで、バス・トイレ・洗面独立の部屋なので、致し方ないかと思います。その分部屋も広く感じるので、ベッドじゃないと不満の方以外は、全く問題ないかと思います。

f:id:vTUNA:20201209212355j:plain

布団を可能にするために玄関式

 布団がなぜ可能かと言いますと、画像のようにしっかり玄関があるからです。靴のまま室内に入らないので、私はこちらの方が良いです。

バス・トイレ・洗面所

f:id:vTUNA:20201209193905j:plain

バス・トイレ・洗面独立

 こちらのホテルの特徴Ⅱは、高級ホテル並みのバス・トイレ・洗面所です。この価格で独立しているホテルは、初めて宿泊しました。ホテルを予約する段階で口コミ等を見て、期待していましたが、大きく上回りました。

アメニティ等

f:id:vTUNA:20201209194213j:plain

品揃え豊富なアメニティ

 アメニティは、歯ブラシ以外は1階フロントのエレベーター付近にあって、自由に持っていけるタイプでした。シャンプーなどは「HAJIMARI」という聞いたことがないメーカーのものでしたが、ボダニカルなので、よかったかなと思います。

 ドライヤーが「Panasonic」の大きめなので、風力も強く、髪が乾くのも早いです。

コーヒーメーカー

f:id:vTUNA:20201209194245j:plain

KEURIGのコーヒーメーカー

 普段宿泊するホテルに見かけない布団以外のもの、「コーヒーメーカー」がこちらのホテルにはありました。YouTubeで見るラグジュアリーホテルには、よくあるマシンですが、私はケトル以外のものを初めて見ました。

 アメリカーノのようなエスプレッソにお湯のコーヒーになるかと思いきや、ドリップコーヒーが出来上がりました。これはうれしい。

 感想とお勧め度

 今回の宿泊もGO TO トラベルや、クーポンを利用して、【実質0円宿泊】をしてみました。京都市は宿泊税があって、20,000円未満で200円、20,000円以上50,000円未満は500円、50,000円以上は1,000円をホテルに追加で支払います。仕組みを知らないと、なぜ?と思うので、京都市に宿泊される方は気を付けて下さい。

 「京都河原町」という、観光にはもってこいの宿泊地であることはと、独立したバス・トイレ・洗面台、コーヒーマシン、コストパフォーマンス、とても良いと思います。

 マイナス点は、部屋やホテルに遊びがないので、宿泊するには申し分がないが、部屋で過ごす時に、机とテレビだけになることです。PCなどで作業などされる方なら問題ないと思うのですが、観光地ということを考慮すると、この部屋は適してないかも知れません。というわけで、お勧め度は★★★★☆4です。

 最後までご一読ありがとうございました。